インターネットの普及をきっかけに、爆発的に広まったオンラインゲーム市場。現在の市場規模、そして今後の市場規模の拡大見通しなどをご紹介します。

オンラインゲームの市場規模

最近ではスマートフォンでのモバイルゲーム市場が話題になることが多いのですが、PCゲームおよびオンラインゲームの市場も、この先順調に成長を続けていくという予測がなされています。

Newzoo社の調査によると、

2014年のPCオンラインゲームの市場規模は、世界で約2兆8607億円。今後、世界規模では、2017年まで年率7.9%の成長を続ける見通しが示されています。ゲーミングにおける主要な技術革新が、常にPCプラットフォームから発信されていることで、今後も先端ユーザの多くを惹きつけていく

という予想がなされています。

(出典:http://www.newzoo.com/insights/pcmmo-gaming-revenues-total-24-4bn-2014/

今後の技術革新

基本プレイ無料のビジネスモデル確立など、マーケティング手法、マーケティング技術の革新は今後も続いていくものと思われます。YouTubeでのゲーム実況動画配信の拡大、eSportsの普及などに見られるように、他プレイヤーとの競争、コンテンツ競争といった要素が、ゲームへの参加を促進させていく側面も指摘されています。近年では、Oculus Riftに代表されるような、バーチャルリアリティに特化したヘッドマウントディスプレイの開発も進んでいます。ゲーミングの世界をさらにリアルに、現実世界に近づける試みが激しい開発競争のもと、日々繰り広げられているのです。

高品質な3Dグラフィックス

現在でも、ハイエンドゲーミングにおける高精細な3Dグラフィックスは、家庭用ゲーム機とは一線を画すもので、より現実世界に近い体験が可能となっています。視覚情報が現実世界に近づき、オンライン化によるプレイヤー同士の交流によって、ゲーム内での人と人とのコミュニケーションも現実世界に近づいてきています。PCプラットフォームによるハイエンドな3Dグラフィックスが礎となり、各ゲームタイトルが提供するゲーム内世界の世界観を含めて、擬似現実を体感できるところが大きな魅力となっています。

専用のゲーミングPCがおすすめ

こうしたオンラインゲームの世界を十分に楽しむためには、専用のゲーミングPCをおすすめします。高性能なグラフィックス機能をもったPCが必要であり、ハイエンドを追及していくと、CPUその他、パソコンとしての性能を追求することにもつながっていきます。

自分の好みにカスタマイズできるBTOパソコンがおすすめですが、現在では各パソコンショップからBTOの注文形態を取り入れたショップブランドPCが多数提供されており、選択肢も豊富になってきています。サポート体制も大手国産メーカーと比較しても遜色無い水準にあり、その意味でもショップブランドPC、BTOパソコンのなかから、ゲーミングPCを選択、購入検討することをおすすめします。