オンラインゲーム最先端の韓国

オンラインゲーム市場において、最も発達した国は韓国です。日本でプレイされている有名なゲームの多くが韓国のオンラインゲーム会社により製作されたもので、日本の企業はそれを提供する運営会社に過ぎません。コンシューマーゲームが先に発達し、コンシューマーゲームゲームにオンライン要素が加わった日本のオンラインゲームとは違い、韓国のオンラインゲームは最初からオンラインプレイを前提に作られています。今では当たり前となりつつある基本無料や頻繁なイベント開催などのオンラインゲーム独特の運営方法も韓国で発達しました。国際的なオンラインゲーム会社も多く、日本に進出するにあたって日本の企業と合弁会社を作ったり、株式の譲渡などを行ったりして権利関係が複雑になっているケースもあり、「え?この会社って韓国企業だったの?」と驚くようなこともあるでしょう。そんな韓国のオンラインゲーム会社についてご紹介していきましょう。

NEXON

代表作は「メイプルストーリー」や「カウンターストライク」

会員数が日本でも最大規模のオンラインゲーム会社で、オンラインゲームの世界で知らない者はいないという国際的な大企業です。作品の傾向としてはFPSから昔ながらの横スクロールアクションゲームまで多岐に渡っていますが、「誰でも気軽に出来る」ゲームが多く、PCの要求スペックがかなり低いサービスもあり、幅広いユーザーに受け入れられているゲーム会社と言えるでしょう。また、「アラド戦記」や「サドンアタック」など、他社の人気ゲームを移管し、オンライゲーム市場の中心に位置する企業に成長しました。

ちなみに、韓国に本社を置くNEXON Corporationの子会社として今のNEXON Japanが誕生していて、その後に韓国のNEXON Corporationが日本のNEXON Japanの子会社となって立場が入れ替わったため、書類上NEXONは日本の企業です。しかし、韓国発の企業であることに変わりなく、取り扱いゲームの多くが韓国製であることもあって世間では韓国企業として認知されています。

株式会社ネクソン公式WEBサイト

GameOn

代表作は「RED STONE」

MMORPGを牽引してきたオンラインゲーム会社で、ゲームシステムやグラフィックなどにも凝ったものが用意される傾向にあり、ゲーミングPCがまだ広まっていない時期からクオリティの高いオンラインゲームのサービスを提供してきました。

REDSTONEでMMORPGの流れを作ったGameOnですが、その流れを踏襲しつつ「TERA」や「黒い砂漠」などの比較的新しいMMORPGはゲーミングPCの性能に挑戦するような圧倒的なグラフィックで提供されており、大勢で集まって楽しむゲームというだけではなく、目で見て楽しめるようなゲームに進化しつつあります。

株式会社ゲームオン公式WEBサイト

NCSOFT

代表作は「リネージュ」

傾向としてオンラインゲームでは珍しい月額課金制のゲームが多く、品質が非常に安定していることが特徴です。また、従来のMMORPGがレベルを上げてモンスターを倒す事が中心になっていたシンプルなゲームだったのに対し、組織を作って組織同士が戦う対戦型のMMORPGを発展させたのもMCSOFTです。

「リネージュ」では攻城戦や要塞戦といった、いわゆる国取りゲームのような大規模で本格的な戦いが出来るのに対し、「ギルドウォーズ」では気軽に対戦を楽しむためのシステムが用意されています。MMORPGで初めて対戦に力を入れたという点で特筆すべき企業ですね。

NCSOFT公式WEBサイト

他の人はこの記事も読んでいます