巨大なヨーロッパ市場を支えるオンラインゲーム会社

ヨーロッパには多数の国々が存在していて、住む人種も話す言語も米国以上に多彩です。オンラインゲームはそれらの人々を一つに繋ぐことが出来るゲームということもあり、ヨーロッパのオンラインゲーム会社の大半が多国籍企業と化しています。フランスやドイツといったヨーロッパの主要国家に本社を置く大企業もあれば、東欧の小国の一企業でありながら素晴らしい開発チームを抱えた企業が多国籍企業化することもあるのです。そんな米国や日本とは違った背景を持つヨーロッパのオンラインゲーム会社についてご紹介していきましょう。

ユービーアイソフト(Ubisoft)

代表作は「アサシンクリード」「ゴーストリコン」シリーズ

ユービーアイソフトはコンシューマーゲーム会社として有名な世界最大規模のフランスのゲーム会社です。大半がコンシューマーゲームやPC向けのゲームではありますが、常にオンラインでプレイするUPlayというシステムの導入によってあらゆるタイトルにオンラインマルチプレイの要素が加わっています。また、各種ブラウザゲームタイトルに加え、関連企業である「ゲームロフト」を通じて携帯機向けのソーシャルオンラインゲームを多数販売していることもあり、ユービーアイソフトのオンラインゲームの数は圧倒的です。

ゲームの傾向としてはアクションやシューティング要素の強いゲームが多いですが、リアルタイムストラテジーなども数多く取り扱っており、非常に幅広い層のユーザーに支持されているゲーム会社です。

ユービーアイソフト公式WEBサイト

ウォーゲーミング

代表作は「World of Tanks」

ベラルーシで創業されたキプロスのオンラインゲーム会社で、戦争を題材にしたアクション・シミュレーションゲームが特徴的な会社です。「World of Tanks」の他には、「World of Warships」「World of Warplanes」などがあり、どのゲームでも第二次世界大戦の兵器をリアルに再現し、高いリアリティを持ったゲームが多い傾向にあります。

ウォーゲーミングは「World of Tanks」のヒットにより一躍多国籍企業となり、世界中に多数の法人を抱えている企業です。ゲームのタイトル数は僅かに3つですが、ユーザー数では既に世界でもトップレベルの規模になっており、ヨーロッパを代表するオンラインゲーム会社と言っても過言ではありません。

ウォーゲーミング公式WEBサイト

Bigpoint Games

代表作は「DarkOrbit」「BattleStar」

ドイツに本社を置くオンラインゲーム会社で、ソーシャルネットワークゲームを多数提供している企業です。オンラインゲームのポータルサイトを運営しており、ポータルサイト内ですぐに利用できるブラウザゲームが多いのが同社の特徴として挙げられます。

ポータルサイトは実に30言語以上に対応していて、その言語を使う多数の国家で提供されています。それら様々な国の様々な層に対応するために、ゲームのジャンルも多岐に渡っているのがBigpointの大きな特徴だといえるでしょう。また、一つの手の込んだゲームよりもシンプルで簡単に楽しめるゲームを開発する傾向が強く、ヘビーユーザーだけではなくライトユーザーにも多数支持されるようなゲームが多いです。結果、Bigpointを利用するユーザーは3億人を越え、Bigpointは世界を代表するオンラインゲーム会社になったといえます。

Bigpoint Games公式WEBサイト

他の人はこの記事も読んでいます